モータ制御サーミスタ応用案

Topos Topos 2021-09-07 13 295

工業自動化はかなり広い分野である。コンピュータ制御システムに加えて、大規模な自動制御システムの電源を提供し、実行素子モータの駆動に小さく、多くのアプリケーションではNTCサーマル抵抗器の使用場所があります。自動制御システムにおける実行素子としての電機システムは、常にシステムの中で頻繁に使用され、最も大変なキー部品であり、動作時には常に電源投入とオフを繰り返しており、毎回のオン時には必然的なサージ電流の衝撃があります。毎回の電流衝撃は、モータ内部のコイルの巻線に不可逆的な損傷をもたらし、長期にわたり持続します。モーターの寿命は必ず短くなります。

私達が長期的に実践した結果、DCモーターやACモーターの中でも、毎回のモーターが起動して運行しています。衝撃コイルのサージ電流は平均的にモータの最大作動電流の6~30倍で、50 Wのように、動作電圧は24 Vのモータで、その最大定常状態の動作電流は普通は2 Aぐらいです。サージ電流の持続時間は約11~200 msの間であり、モーターシステムに対する危害が予想される。

大量の実践検証によると、研究開発によって製造されたパワー型NTCサーミスタは、駆動巻線の中に直列に接続すれば、起動時のサージ電流を大幅に抑えることができ、NTC抵抗の自己熱効果はまた、自身の抵抗値を定常状態の作業中に小さくすることができます。

戻る
前の章:没有了!
次の章:新エネルギー自動車の熱抵抗器応用方案
下のフォームに記入して「送信」ボタンをクリックしてください。お問い合わせを受けると連絡します。