日本の充電スタンドの数は3万を超えていますが、電気自動車の普及率は1%しかありません。

Topos Topos 2021-09-01 12 218

外国メディアによると、日本の菅義偉首相は2050年までに炭素中和を実現すると約束した。2012年度に日本政府は合計1,000億円(約9.11億ドル)の充電ステーションを建設し、電気自動車市場を刺激した。電気自動車の充電用の杭の数はこれに伴って大幅に増加しました。しかし、日本の電気自動車の普及率は1%程度で、この国はすでに数百個の老朽化した充電用の杭が放置されていますが、他の充電用の杭(充電用の杭の平均寿命は約8年)は完全に停止されました。

Zenrin社のデータによると、2020年4月から2021年3月にかけて、日本の電気自動車の充電ステーション数は30,300台から約29,200台に減少しました。これは2010年のデータ収集開始以来、初めて減少しました。e-Mobility Power電気自動車充電会社の企画部門マネージャーのTuyoshi Ito氏は、「2022年または2023年は、電気自動車の充電用の杭を換えるピークになる」と述べた。彼はまた、電気自動車の販売台数の伸びを維持する最も重要な点は、充電スタンドをユーザーの使いやすいところに設置し、同じ時間帯に大量の期限が切れることがないように確保することです。


日本の目標は2030年までに、全国の電気自動車の充電ステーション数を15万台に増やすことで、各社も積極的に動いています。東京電力(Tepco)は2025年に高速道路上の急速充電用の杭を1,000個に増やす計画です。地元メディアによると、日立グループはより小さく、より軽い充電スタンドを開発している。

しかし、日本自動車メーカー協会(Japan Automobile Manufactures)会長Akio Toyodaは、盲目的に数量を追求するのは問題があるかもしれないと警告しています。Toyoda氏は6月、「政府と会社が電気杭の設置数を追求することを目標として避けてほしい。実現可能なように見えるが、最終的には電気杭の利用率が低くなり、電動杭の利便性が大幅に低下してしまう」と述べた。

日本政府も電気自動車の普及を積極的に推進しています。日本政府は補助金制度を導入し、電気自動車を買うために最大60万円の補助金を提供しています。プラグインハイブリッド車と燃料電池自動車を買うための補助金はそれぞれ30万円と250万円です。日本経済産業省は電気自動車の補助金を増やし、電気自動車の価格をガソリン車と同じにする考えです。

深セントポスセンサー有限会社主な製品は、NTCチップ、サーミスタ、温度センサ、温度および湿度モジュール、ガスセンサーです。ントポスセンサーは、4つの発明特許、19のユーティリティモデル、2つの非公開技術を持っています。これは、シングルエンドガラスシーリングマシンの全自動温度センサーメーカーです。シングルエンドサーミスタ試験機、テプソン温度センサ、特に優れた温度センサ。

戻る
前の章:没有了!
次の章:マイクロトレーニングエアコン温度センサ
下のフォームに記入して「送信」ボタンをクリックしてください。お問い合わせを受けると連絡します。