マイクロトレーニングエアコン温度センサ

Topos Topos 2021-09-05 13 924

マイクロトレーニングエアコン温度センサ

1、エアコンの温度センサとは、物質の様々な物理的性質を利用して温度に応じて変化する規則でエアコンの各所の温度を電気量に変換するセンサーのことです。

2、エアコンの温度制御は主に温度センサによって冷房、暖房の部屋の温度変化を測定し、圧縮機の通電と電源オフを制御し、エアコンの冷房または暖房温度を制御する。エアコンの温度制御とは、主にCPUが統括して指揮し、温度センサによって環境温度を検出し、人工的に設定された温度と比較し、対応する温度に達したら、CPUは圧縮機の通電や電源の遮断を制御することをいう。エアコンの温度制御範囲は普通16℃~30℃の間にあり、冷房時の最低設定温度は16℃を下回らず、暖房時の最高設定温度は30℃を超えない。

3、エアコンの温度センサは一般的にエアコンのどこの温度を測定しますか?主に:
室内環境温度センサ(主な役割:1つは冷房または暖房中に室内の温度を測定し、圧縮機の回転速度を制御する動作時間;第二に、自動運転モードで動作状態を制御することです。第三は室内ファンの回転速度を制御することです。
室内コイルチューブ温度センサ(主な役割:1つは冷凍中の過冷却保護、2つは暖房中の過熱防止保護、3つは室内ファンモータの回転速度を制御し、4つは暖房中に屋外除霜を補助すること)。
・室外環境温度センサ(主な役割:1つは冷房または暖房中に室外の環境温度を測定し、もう1つは室外ファンの回転数を制御するためのもの)。
室外コイル温度センサ(主な役割:1つは冷凍中の過熱防止保護、2つは暖房中の凍結防止保護、3つは除霜中の熱交換器の温度制御)。
圧縮機の排気温度センサ(主な役割は二つあります。一つは圧縮機の排気管の温度を測定することによって、膨張弁のスイッチング度を制御する圧縮機の回転速度です。第二に、排気管の過熱保護に用いられる。

深セントポスセンサー有限会社主な製品は、NTCチップ、サーミスタ、温度センサ、温度および湿度モジュール、ガスセンサーです。ントポスセンサーは、4つの発明特許、19のユーティリティモデル、2つの非公開技術を持っています。これは、シングルエンドガラスシーリングマシンの全自動温度センサーメーカーです。シングルエンドサーミスタ試験機、テプソン温度センサ、特に優れた温度センサ。

戻る
前の章:日本の充電スタンドの数は3万を超えていますが、電気自動車の普及率は1%しかありません。
次の章:コピー機のプリンター用温度センサ国産代替案
下のフォームに記入して「送信」ボタンをクリックしてください。お問い合わせを受けると連絡します。